インターネットFAXの上手な活用例

インターネットFAXの上手な活用例

インターネットFAXの上手な活用例 インターネットFAXとは、電話回線を使わずしてFAXを送れるというものです。インターネットが繋がっている環境なら、ファックス機器が無くてもメールのように送ることが可能です。これを活用すると、まずコスト面が削減できます。インターネットなら、通信費は全国共通なので電話回線だと遠方へ送る際に料金が違いましたが、こちらは同額で遅れるということです。
更に、メールで送られてきたものを確認し、必要なものだけを出力すればいいし、DMなど不必要な文書が勝手に受信されて出力されることがないので紙の削減にもなります。
また、ファックス機器が自宅にない、出張先でファックス機器が無くすぐに送ることが出来ない場合であっても、インターネット環境さえあれば送れるので、いちいちファックス機器のあるコンビニなどに足を運ばなくて良いという、金銭面と資源や時間の節約になるのです。最近では、スマートフォンからも送受信が出来るアプリなども出ているのでとても便利です。

インターネットFAXがあってよかった!となる瞬間

インターネットFAXがあってよかった!となる瞬間 インターネットFAXの活用は、「よかった」と思う事が沢山あります。メールのように送受信が出来るので手間と時間の節約ができるというところです。
例えば、出張先にいたり、自宅にファックス機器がない際にはコンビニにわざわざ出向いて送らなければなりませんが、インターネットFAXを使えばその場で送る事も受け取ることも可能なのです。また、受け取ったデータは、出力が自由なので紙の無駄が省けます。そして、データ管理もそのままパソコンやスマートフォンで管理できます。
また、従来のファックスだと送り先との距離によって通信費がかかるようになっていましたが、インターネット経由で送るとメールと一緒なので、距離に関係なく一律で送れます。更に、これまで勝手に送られてきたDMなどで紙が使われるということもなくなるのです。
このようなことから、時間や手間、資源と金銭面など様々なことで無駄が削減できるので、導入して「よかった」と感じることは多いです。

新着情報

◎2018/1/11

インターネットFAXの上手な活用例
の情報を更新しました。

◎2017/10/10

在宅ワーカーにおすすめのFAX
の情報を更新しました。

◎2017/7/25

営業マンにこそインターネットFAX
の情報を更新しました。

◎2017/6/30

サイトを公開しました

「FAX 活用」
に関連するツイート
Twitter